こだわり体感エッセイ

シェアする

こだわり体感エッセイ

こだわり体感エッセイ

こだわり体感エッセイ


古代史ギリシャ時代には、万物の根源は何かという議論が盛んであった。

万物の根源は火であるという者、万物の根源は水であるという者、万物の根源は宇宙であるという者。

どれもすんなりと何となく理解出来た。

その一人である古代ギリシアの自然学者、数学者、宗教家であるピタゴラス。
ピタゴラスは永遠の真理を人々に教える手段として数学、そして音楽を

重視した。
そのために様々な楽器を演奏しているピタゴラスの絵が残されている。


さて、そのピタゴラスが考えた万物の根源は「数」である。

という論説には、何かもやもやしたものがあった。

「数」はそもそも人間が考えたものだから、万物の根源と言えるのか?と。

話は変わるが、僕は、中学生時代には数学が得意であったのだが、
高校時代の数学の先生が、全員揃いも揃ってハゲ散らかしていたために、

数学を勉強すると頭が薄くなるというまったく根拠の無い言い訳により、
断腸の思いで数学を断念することになる・・・

話を元に戻すと、このピタゴラス、大変「素数」を気に入っていたようである。

先日、TVで何気なく虫の特集をしていたのを見ていて、
セミが地上に出てくるまでの周期は、種類によってことなるが、
三年、五年、七年、十一年、十三年、十七年。

全て「素数」であると言う。

これは、仮説ではあるが、セミの天敵である寄生虫との遭遇を
極力避けるためであるという。

例えば寄生虫の周期が二年であった場合、セミの周期が仮に二年であれば
二年に一度必ず遭遇することになるが、
セミが周期が三年という素数であれば、六年に一度しか遭遇しなくて済む。

そう考えると、生物の種の保存にまでも「数」が非常に重要な要素を果たしていると言える。

ピタゴラスは、その事実を知っていたとしたら、大変恐ろしい男である。

恐ろしいといえば、このピタゴラス、「素数」は好きでも「虚数」の存在を認めず、
「虚数」を証明した彼の弟子を殺害したと歴史書に残っている。

皮肉なことにピタゴラスが発見した「黄金律」にも「虚数」が含まれていることを
後世に発見されることになるのだが。。

色々と話が脱線したが、ようは「色々深い」ということをいいたいのである。


記事内容
エッセイスト
【第1回目】
戦後65周年 未曾有の震災から学ぶ

日本復興への希望

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典詳細はこちら

大前美翔
【第2回目】
寿司屋のこだわりから学ぶ

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典詳細はこちら

峰尾晋一
【第3回目】

ゴールデン・トライアングルでのおもてなし

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典詳細はこちら

大前美翔
【第4回目】

香道のこだわりから学ぶ

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典詳細はこちら

大前美翔
【第5回目】
ピタゴラスが考えた万物の根源

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典詳細はこちら

峰尾晋一
【第6回目】
カエサルから学ぶリーダー論

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典詳細はこちら

峰尾晋一
【第7回目】

光と影〜巨匠画家フェルメールから学ぶ

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典詳細はこちら

峰尾晋一

【第8回目】

ブルゴーニュのワイン栽培から学ぶ

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典詳細はこちら

峰尾晋一

【第9回目】

どうして僕がさだまさしが好きなのか

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典詳細はこちら

峰尾晋一
ハッピーカムカム運営 こだわり体感セミナー・イベント
全ての道はローマに通ず
プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典詳細はこちら
峰尾晋一
【予告】
仏像が語る日本人の精神性

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典詳細はこちら

大前美翔

あなたもエッセイストになりませんか?
未経験・年齢不問

無料掲載&PR&賞金あり!

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典

プルミエール倶楽部 こだ割紹介特典
このページの先頭へ

Copyright © 2003- happy come come co., Ltd All rihts reserved.